TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療薬学会年会】情報共有のあり方を議論‐施設や地域で独自の工夫

2021年10月18日 (月)

 このほどウェブ開催された日本医療薬学会年会のシンポジウムで、トレーシングレポートの質向上や効率的な運用方法をめぐって、病院や薬局の薬剤師が意見を交わした。退院時に病院から薬局に手厚く情報を提供して薬局薬剤師による患者フォローアップを後押しする取り組みや、地域ぐるみでトレーシングレポートの書式を統一して効率的に運用する事例などを紹介。生まれた成果や今後の課題を共有した。

 池見泰明氏(京都大学病院薬剤部)は、同院が運用する抗癌剤適正使用のための施設間情報連絡書を紹介した。

 同連絡書には、患者フォローアップを実施する時期の目安や注意すべき副作用症状を記載して薬局に送付する。その情報をもとに薬局薬剤師に患者フォローアップを実施してもらい、トレーシングレポートを返送してもらう。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報