TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【沢井製薬】第二九州工場に固形剤棟‐ジェネリック薬の需要増へ対応

2021年10月19日 (火)

新固形剤棟の完成イメージ

新固形剤棟の完成イメージ

 沢井製薬は11日、同社第二九州工場(福岡県飯塚市)の敷地内に新たに固形剤棟を建設すると発表した。ジェネリック医薬品(GE薬)業界の品質・供給等の問題による需要増加や今後のGE薬の市場拡大に対応した生産能力の増強が目的。工場の着工から竣工、稼働、出荷開始まで通常工程より8カ月ほど前倒ししたスケジュールで建設する計画で、2024年1月の稼働を目指す。設備投資額は約400億円。

 現在、第二九州工場が有する生産能力は25億錠で、新棟稼働の24年にはステップ1として20億錠を追加。さらに、ステップ2の段階では他社や自社新製品開発状況などを踏まえ、10億錠の生産能力を追加する予定。新棟稼働後の同社生産能力は、現在の年間155億錠から約20%増加するという。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報