TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】オレキシン領域の関与不変‐ウェバー社長、「TAK-994」安全性問題受け

2021年11月04日 (木)

 武田薬品のクリストフ・ウェバー社長は10月28日の中間決算説明会で、安全性上の問題で経口オレキシン2型受容体選択的作動薬「TAK-994」の第II相試験を終了したことに言及。「データの分析を続けていくが、あくまでも幅広いパイプラインの一つ。オレキシンフランチャイズに対するコミットメントは変わらない」との考えを強調した。

 TAK-994は、NT1を対象とした第II相試験を実施していたが、長期継続投与試験で肝機能に関する安全性シグナルが発現したほか、1例で重度の肝機能検査値の上昇が見られるなど、安全性上の問題が判明したことから、患者への投与中断を決定。第II相試験を当初予定より3カ月以上前倒しで終了することになった。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報