TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】電子お薬手帳、留意点を改正‐患者の薬剤情報閲覧可で

2021年11月02日 (火)

 厚生労働省は、マイナポータルで患者の薬剤情報が閲覧可能となったことを踏まえ、10月25日付で「電子版お薬手帳の運用上の留意事項」を一部改正した。お薬手帳に取り込んだ情報だけでは必要な情報が不足している場合を考慮し、薬局が必要な情報を引き続き患者に提供することなどを求めている。

 先月から、薬剤師等の有資格者が調剤時に患者の同意を得た上で、マイナンバーを通じて調剤年月日、医薬品名、調剤数量といった情報を3年分閲覧できるようになった。従来は、医療機関や薬局が発行する調剤明細書に記載された薬剤情報を手入力または二次元バーコードを読み取ることでお薬手帳に蓄積させていたが、マイナポータルを通じて、レセプト情報に基づいた薬剤情報を一括でお薬手帳に取り込むことも可能となった。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報