TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共HC】「鎮痛薬に誤解感じる」8割‐薬局・Dgsの薬剤師調査

2021年11月18日 (木)

 第一三共ヘルスケアは、・ドラッグストアに勤務する薬剤師を対象に、生活者の解熱鎮痛薬やセルフケアに関する調査を行った。その結果、約8割の薬剤師が解熱鎮痛薬使用について、「生活者の認識が間違っていると感じたことがある」と回答した。

 調査は9月にインターネットを用いて行われた。調査対象は、現在薬局やドラッグストアで勤務する薬剤師男女408人(男性246人、女性162人)

 主な調査結果を見ると、セルフケアの各要素に対する生活者の意識を質問したところ、それぞれ約7割が「必要性を感じていると思う」(必要性を感じている+やや必要性を感じている)と回答した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報