TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【予防接種・ワクチン分科会】接種機会逃した全員が対象‐勧奨再開のHPVワクチン

2021年11月19日 (金)

 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は15日、HPVワクチンの積極的勧奨差し控えにより接種機会を逃した人への「キャッチアップ接種」のあり方を議論した。差し控え中に接種機会を逃した人全員を対象にするよう求める意見が相次いだほか、年齢と有効性の関係についての情報を接種の判断材料として提供すべきとの声も上がった。委員からの意見を踏まえ、厚生労働省はキャッチアップの具体案を作成する方針。

 12日の厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議では、積極的勧奨の再開を決定した。ただ、差し控えが続いた約8年間に接種機会を逃した人のキャッチアップのあり方については、予防接種の対象者などを審議する同分科会で検討することとしていた。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報