TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【新潟薬科大学】医療・健康系大学に転換‐23年度入学定員を50人減

2021年12月08日 (水)

看護・臨床検査の学部設置

 新潟科学技術学園は、2023年度に新潟薬科大学の薬学部薬学科入学定員数を180人から130人に削減すると共に、医療系の新学部を設置する組織改革案を発表した。近年、薬学部入学定員数が未充足の状態が続く中、適正化を図るのが狙い。系列校の新潟医療技術専門学校が持つ四つの専門学部のうち看護学科と臨床検査技師科を統合し、医療技術学部臨床検査学科と看護学部看護学科の二つの学部を設置する。大学薬学部の生き残りが苦しくなる中、単科薬科大学としての成長を諦め、医療・健康系大学として方向転換する方針だ。

 11月24日に開催された理事会で「新潟薬科大学新学部設置等に関する計画」を決定。薬学部薬学科は23年度には現行の180人から130人に減らす。19年度入学者数が133人、20年度が108人、21年度が134人と定員数180人を下回る状態が続いており、入学定員の適正化に踏み切った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報