TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【名市大グループ臨床研究】薬局の介入でロコモ抑制‐薬剤師が住民に定期的指導

2021年12月15日 (水)

菊池氏

菊池氏

 地域住民に月1回の頻度で薬局に来てもらい薬剤師が片脚立ちやスクワットの指導を行うと、ロコモティブシンドロームの抑制につながる可能性があることが、名古屋市立大学薬学部のグループが実施した臨床研究で明らかになった。何も指導しなかった対照群に比べて、薬局薬剤師が定期的に指導した介入群では様々な指標でロコモの進展を抑えられる傾向が認められた。

 臨床研究は、愛知県と静岡県の11薬局を対照群4薬局と介入群7薬局に分け、参加する地域住民を募集。その中から、年齢65歳以上85歳未満、ロコモ度1の基準を満たす人を選別し、同意を得て研究に参加してもらった。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報