TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【KMバイオロジクス】コロナワクチン、生産設備が完成‐製品供給は来年末頃メド

2021年12月21日 (火)

竣工式であいさつする永里社長

竣工式であいさつする永里社長

 KMバイオロジクスが菊池研究所(熊本県菊池市)に建設を進めていた新型コロナウイルス不活化ワクチンの生産設備が完成し、16日に同研究所内で竣工式を行った。厚生労働省からの補助金約100億円を投じ、成人用で年間2000万回分を生産できる体制を整えた。来年4月からワクチンの製造を開始し、製品の供給は来年末頃になる見通し。国内第II/III相試験中の不活化ワクチンについて、製品を供給できる来年中の承認取得を目指す。

 完成したのは、品質試験を実施すると共に、原料保管庫の役割を担う「KC棟」と既存の新型インフルエンザワクチン原液製造設備を新型コロナウイルスワクチンも製造できるよう改造した「FC棟」の2棟。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報