HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大洋薬品工業】点滴薬「静注用フラゼミシンS」を自主回収

2009年2月12日 (木)

 大洋薬品工業は10日、同社が製造販売している装着型点滴薬「静注用フラゼミシンS(2gキット)」に、別の点滴の薬剤を装着した疑いがあるとして、自主回収を始めたと発表した。

 今回、回収対象となった製品は、昨年8月から同12月までに全国81の医療機関に納入された約1万個。健康被害の報告はないが、この薬剤が誤って使用された場合、患者によってはアナフィラキシーショックなどの重篤な健康被害を引き起こす可能性もあるという。

 点滴薬は、急性気管支炎や肺炎に使われる抗生物質製剤で、注射用水と薬剤を混ぜ合わせて使う。医療機関から、キットを溶解した液が異常な着色をしているとの報告を受け、製品を確認したところ、バイアル部分に誤って「インダストキット」という別の製品の薬剤が装着されていたことが分かった。

 これまでに同様の報告は受けていないものの、他にも混入があった可能性が否定できないとして、同社は同時期に出荷された製品の回収に踏み切った。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録