TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【京都大学】5年一貫制博士課程設置‐薬学系大学院で日本初

2022年01月19日 (水)

ダブルメンター制導入

 京都大学は、来年度から大学院薬学研究科に日本の薬学系大学院では初となる5年一貫制博士課程を設置する。名称は「創発医薬科学専攻」で定員は14人。5年一貫で長期視点に基づく連続性のある教育を行えるほか、複数の指導者が教育するダブルメンター制を導入。複数の専門領域を融合できる研究者を育成し、前人未踏の薬学新領域の開拓を推進する考えだ。

 来年度の大学院薬学研究科の改組で、2007年度に開設した医薬創成情報科学専攻を発展的に解消し、5年一貫制の創発医薬科学専攻を新設する。6年制の薬学科卒業生が進学する4年制博士課程の薬学専攻、4年制の薬科学科や他学部卒業生が進学する薬科学専攻は、それぞれ定員を調整して存続する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報