TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】保険適用の留保を決定‐プログラム機器で手続遅れ

2022年01月19日 (水)

 中央社会保険医療協議会は14日の総会で、エグザクトサイエンスが昨年8月に承認を取得したプログラム医療機器「オンコタイプDX乳癌再発スコアプログラム」の保険適用が遅れている問題で、「企業からの再発防止策等の改善策が示されない限り、経済課において今後の保険適用の手続きを留保する」ことを了承した。

 同製品は、オンコタイプDX乳癌再発スコア検査で得られる遺伝子増幅曲線を専用ウェブサイトで医師が確認し解析を指示することにより、癌が遠隔再発するリスクと化学療法の効果を提示し、化学療法が必要かどうか判断を補助する機能を持つ。米ジェノミックヘルスが開発したリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応を用いる検査と日本向けに開発したソフトウェアを組み合わせた製品となっている。昨年8月に薬事承認を取得し、同11月の中医協総会で同12月1日に保険適用を受けることが了承されていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報