TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬・21年12月期決算】5年連続で過去最高益‐「ヘムライブラ」輸出伸長

2022年02月08日 (火)

 中外製薬の2021年12月期決算(連結)は、主力品と血友病治療薬「ヘムライブラ」の海外向け輸出が大幅に伸長。新型コロナウイルス感染症治療薬「ロナプリーブ」の政府納入も寄与し、大幅な増収増益を達成した。5年連続の過去最高益となり、次期には創業以来初となる売上高1兆円超えを計画する。

 売上高は、前期比27.0%増の9998億円と1兆円にわずかに届かなかった。製商品売上高は、主力品の抗PD-L1抗体「テセントリク」、ALK阻害剤「アレセンサ」、抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「カドサイラ」が国内で伸長し、特例承認を取得したロナプリーブの政府納入分も774億円を計上。海外でもヘムライブラのロシュ向け輸出が大幅に拡大し、26.8%増の8028億円となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報