TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】同一成分・経路の重複確認‐電子処方箋の仕組み公表

2022年03月10日 (木)

 厚生労働省は4日の健康・医療・介護情報利活用検討会に、来年1月に運用を開始する電子処方箋の仕組みについて、重複投薬や併用禁忌のチェックなど現時点における課題の整理状況を報告した。

 重複投薬のチェックについては、同一成分同一経路である医薬品との重複がないかを確認するルールとする方針。疑義照会等により内容が変更になる可能性を踏まえ、任意のタイミングで複数回チェックが行える仕組みとした。薬剤師の業務負担を軽減するため、重複投薬等のチェックにかかる時間を可能な限り短縮し、表示画面の具体的なイメージについてはベンダーと調整する。併用禁忌は添付文書の相互作用欄で「併用禁忌」と定義されているもののみ、一律にチェックする方針とし、「併用注意」は除外とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報