TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 国際交流シンポジウム‐Synthetic Medicinal Chemistryの最先端化学系薬学部会・医薬化学部会合同シンポジウム

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 平井剛(九大院薬)
 大和田智彦(東大院薬)
 林良雄(東薬大薬)

 モダリティーの多様化が推進される中で、低分子有機化合物や天然有機化合物が重要な分子群であることが再認識されている。一方で、新規化学反応の開発による低分子化合物のケミカルスペース拡張が進んでいる。

 このような現状を積極的に生かし、既存の枠にとどまらない次世代の低-中分子医薬品創製に向けた研究を啓発することを目論み、化学系薬学部会と医薬化学部会が協力し、最先端の有機化学を中心とする薬学研究を一堂に会する国際的な場として、本シンポジウムを企画した。最先端有機合成化学と最先端創薬化学の接点にフォーカスし、大宮寛久教授(金沢大学)、市川聡教授(北海道大学)、鈴木孝禎教授(大阪大学)、王子田彰夫教授(九州大学)計4人の日本人講演者による国際シンポジウムを開催する。

 なお本年会では、同分野の海外研究者として、Hergenrother教授(University of Illinois Champaign-Urbana)とTomislav Rovis教授(Columbia University)の講演会が開催される。併せてご参加いただくことをお薦めしたい。

 (平井剛



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報