TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 経皮投与製剤に関するUp to date‐予測、評価、経皮吸収促進法から臨床における実際まで

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 内野智信(静岡県大薬)
 坂田修(コーセー)
 橋崎要(日大薬)

 近年、外用剤は医薬品、医薬部外品に限らず化粧品領域にまで幅広く利用されている。皮膚適用後の外用剤に含まれる薬物は、角層から皮膚中に浸透し、局所で薬効を発揮するケースや、全身の血流に移行し全身性作用を発揮するケースなど様々であるが、いずれのケースでも皮膚内の薬物濃度を適切に評価・予測することが重要である。また、その評価方法を用いて評価された製剤が臨床現場でどのように使用され、その過程で薬剤師がどのような役割を果たしているのか、こうした一連の流れについて議論される機会が少ない。

 そこで本シンポジウムでは、各シンポジストの先生方から前記の内容について講演をしていただき、聴衆を交えた総合討論を行いたい。

 本シンポジウムが経皮投与製剤に関する知識のUp to dateとなれば幸いである。

 (内野智信



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報