TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 >元素の力で切り拓く新時代の創薬イノベーション‐多元素化合物による革新的生物機能分子の創製

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 太田公規(昭和大薬)
 藤井晋也(東京医歯大生材研)

 現代の医薬品開発では、抗体や核酸、細胞医薬などこれまでの創薬の常識を覆すような新規モダリティが衆目を集めているが、低分子医薬品の開発にも近年、大きなパラダイムシフトが起こりつつある。その一つとして、元素多様化による構造新規性や多機能化というアプローチに、画期的新薬創出への大きな期待が寄せられている。

 本シンポジウムでは、多様な元素の特性を活用した機能性分子創製や創薬イノベーションに焦点を当てる。創薬化学的な観点から、六配位イオウ原子を用いた生物活性化合物創製、有機アンチモン化合物の創製とバイオオルガノメタリクスへの展開、ホウ素クラスターを用いた生物機能性分子の創製について、そして生体医工学的な視点から、ボロン酸と糖との親和性を用いたバイオエンジニアリング、ホウ素中性子捕捉療法に関するドラッグデリバリーシステムやナノマシンについて講演をいただく。

 元素一つひとつの特性に注目しながら、革新的な生物機能性分子の創製、そして新時代の創薬イノベーションの創出について議論したい。

 (藤井晋也



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報