TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 薬学留学が拓く多様性溢れる未来

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 藤川雄太(東薬大生命)
 中山淳(大阪市大院理)

 本シンポジウムは過去に開催されてきた「留学シンポジウム」の後継である。

過去に開催されたシンポジウムではそれぞれ、創薬および多様性をキーワードとしてアカデミア分野の演者による講演が行われた。

 しかしながら、6年制薬学部を卒業し日本の国家試験を受けて薬剤師になる、あるいは企業人として働くというキャリアパスを経ることが一般的である中、海外留学を考える余地がないという薬学生の声も多くある。

 そこで本シンポジウムでは、「薬学部生」「博士課程学生」「薬剤師」などそれぞれの立場で海外留学を行った演者を招き、留学に至った経緯、その理由、そして現在に至る取り組みなどを共有してもらう。

 さらには、海外を経験した視点から日本の薬学関係者の今後の道筋など感じることを共有してもらう。

 これをもって、留学には縁遠いと思っている薬学生や薬学関係者が、進路選択やキャリア形成の一つとしての留学という選択肢を身近に考える機会を提供したい。

 (藤川雄太



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報