TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 ナノDDS技術が拓く新たながん免疫療法

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 中村孝司(北大院薬)
 井上小枝(ナガセ医薬品)

 免疫チェックポイント阻害剤の登場は、癌治療に革命をもたらしたが、その有効性は一部の患者に限定されている。それゆえ、他の治療法と組み合わせた複合癌免疫療法の開発が様々な戦略で進められている。そのような中、ナノテクノロジーを利用したdrug delivery system(ナノDDS)は、免疫機能性分子の機能最大化や複雑な癌免疫応答制御などに有用な技術として非常に注目されている。

 本シンポジウムでは、癌免疫領域におけるナノDDS研究を推進する先生方にナノDDS技術を利用した癌免疫療法の開発やその未来像についての最先端の知見をご紹介いただく。また規制の観点から、癌治療に用いられる抗体医薬に関するご講演をいただくことで、ナノDDS技術を基盤とした癌免疫療法開発の基礎から実用化までの創薬を議論したいと考えて企画した。

 (中村孝司



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報