TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 進化するがん征圧戦略:薬学的見地からがんを丸ごと捉える

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 津川仁(東海大医)
 松崎潤太郎(慶應大薬)

 癌はあらゆる疾患の中で最も死亡率の高い病気である。薬学領域は幅広い研究分野と職域を持ち、癌の征圧に向けて多彩かつ網羅的な研究を展開してきた。これらの癌研究により明らかにされたあらゆる情報の収集と共有は、基礎-臨床の一体化、産学の高次連携を導き、癌の診断や治療を確実に革新させ、癌を征圧するための進化したインパクトを創出するだろう。

 本シンポジウムでは、薬学領域の癌研究によって得られた最新の情報を丸ごと統合整理し、癌の撲滅を共通項とした基礎-臨床の一体化や産学の高次連携から生まれる新たな学術領域の創生と新しい癌征圧戦略の実践に向けて、現在の課題と今後の研究展開のあり方を議論する。癌征圧を導く力強いインパクトを提供したい。

 (津川仁



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報