TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 タンパク質工学による創薬化学の新展開

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 森貴裕(東大院薬)
 松田研一(北大院薬)

 蛋白質は生命現象を駆動する根源的な物質であり、生体内のあらゆる反応を制御している。生体内機能性蛋白質、酵素の解析技術の飛躍的な発展により、高解像度で生命現象を理解可能になりつつある。次に考慮すべきはこの知見をいかに利用するかである。

 蛋白質工学による人工酵素を利用した有用物質生産系の構築や、改変機能性蛋白質を利用したイメージング技術は、世界的に注目されている研究分野である。本シンポジウムでは、酵素機能を人工的に改変し医薬品シードを創出する研究から、小分子と機能性蛋白質を利用した蛍光検出技術の開発研究まで、幅広い領域における蛋白質工学の創薬化学への応用研究を紹介する。

 蛋白質工学研究に取り組んでいる化学、分子生物学、構造生物学といった異分野の最前線にいる若手研究者が集い、最先端研究成果を発表することで未来の学際研究の土壌となる分野横断的なコミュニティ形成を図る。

 (森貴裕



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報