HOME > 無季言 ∨ 

後発医薬品をめぐる論議

2006年08月09日 (水)

◆後発医薬品をめぐる論議が、学会のシンポジウム等で活発だ。後発品は先発品と同じなのか違うのか。ある種の哲学的な命題に参加者は頭を悩ます
◆結論からいえば、後発品と先発品は違うものだ。有効成分は同じであっても添加物が異なる。薬物動態も先発品と全く同じとは言えない。どこまで先発品に近づけたとしても、メーカーが異なる以上、同じモノとは言えないだろう
◆議論では先発品と後発品の違いが、ことさら強調される場面が少なくない。しかし、そもそも違うのは当たり前で、いくら同一性ばかり追い求めても、真夏の逃げ水のようにつかまらない。それを念頭に置いた上で、どこまでの違いなら許容できるのか、そうした視点が欠けているように思う
◆許容範囲について国は基準を示している。その基準は合理的なのかそうでないのか、納得できるのかできないのか。論点をここに絞り込み、科学的な見地から掘り下げていかなければ、議論はいつまで経っても収束しないのではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報