TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】業務手順書の有用性確認‐多剤服用対策で好事例

2022年04月19日 (火)

 厚生労働省の高齢者医薬品適正使用検討会が13日に開かれ、ポリファーマシー対策を促す業務手順書を2021年度に導入したモデル3病院から最終報告を受けた。処方見直しや減薬を評価する診療報酬の算定件数が増加するなどの有用性が認められた一方、構成員からは医師の行動変容が必要との指摘も上がった。

 厚労省は、病院における高齢者のポリファーマシー対策として、医師や薬剤師等の医療者に対策を理解しやすくして実践を促すため、20年度に業務手順書を作成。これから対策に取り組む病院、既にある程度対策を進めている病院向けの2章立てとしており、21年度はモデル病院で運用した上で、効果や課題を抽出することとしていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報