TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【スカーダ】濱口センター長、次世代型ワクチンに意欲‐1回の接種で長期効果

2022年05月11日 (水)

途上国への供給も視野

濱口氏

 日本医療研究開発機構(AMED)のワクチン開発司令塔組織「先進的研究開発戦略センター」(SCARDA:スカーダ)の濱口道成センター長は、本紙のインタビューに応じ、「当面は新型コロナウイルス感染症をターゲットに、mRNAワクチンを国内で開発・製造する体制を作ることが目標」との抱負を語った。「低コストで製造可能」「室温保管に対応」「様々な変異ウイルスをカバー」「1回の接種で長く効果が持続できる」などの特徴を持つ次世代型mRNAワクチンの開発を後押しし、アジアやアフリカなど開発途上国への供給も目指す。

 3月に開設したスカーダは、政府が指定する重点感染症を対象に、パンデミックなど有事の際に安全性と有効性が確保されたワクチンを迅速に国内外に供給することを目標としている。平時から感染症ワクチンの開発やワクチン開発に資する新規モダリティの研究開発に関して、研究費の配分を通じて支援する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報