TOP > 無季言 ∨ 

個人薬局でのOTC販売の難しさ

2022年05月16日 (月)

◆先日、取材先の薬局薬剤師から「OTCの取り扱いを増やしづらい」という声を聞いた。地方の個人薬局でOTC販売にも積極的に取り組んでいるが「扱いが難しい」という
◆大手薬局、ドラッグストアならメーカーから説明に来てもらえるが、個人薬局には新商品の情報提供も少ない。卸も規模の大きい企業との取引を最優先するため「いつまで取引してくれるか分からない」
◆メーカーは返品を受け取らず不良在庫になるリスクもある。時間や手間をかけると処方箋応需に手が回らなくなる。「OTCを置いた方がいいのは分かるが、第1類のほかは特に難しい」と語っていた
◆薬局でOTCを購入する人は減っている。ドラッグストアやインターネットと消費者の選択肢は広く、購入経路が広がる中で個人の努力では太刀打ちできないかもしれない。その薬剤師は「薬剤師会などの組織単位でOTCを在庫し各薬局が購入する仕組み」を提案。協力してOTC販売の土台を作るよう求めていたが、今後個店での販売はどうなるのだろうか。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報