TOP > 無季言 ∨ 

地球温暖化と感染症の流行

2022年05月18日 (水)

◆地球温暖化問題は、私たちの生活に大きな影響をもたらす。九州大学の伊藤久徳名誉教授は、このまま温暖化が進めば2100年には日本全国で桜が一斉に開花すると予測している。今夏も猛暑や大雨による被害が心配される
◆地球温暖化問題は感染症の流行ともリンクしていると言われている。ヤブ蚊の幼虫の生息域は「平均気温11℃以上の場所」となっており、北関東が北限とされていたのが本州全域に達し、近い将来日本全域が生息地に含まれる可能性がある。活動時期も夏から秋にズレ込むという
◆西ナイル熱のウイルスは、蚊が媒介しカラスや渡り鳥が伝播すると考えられている。渡り鳥の飛来時期である秋に蚊の発生時期が延びると日本でも西ナイル熱が発生するかもしれない
◆コロナよりも恐ろしい感染症が蔓延したらと思うと気が気でない。感染症対策は創薬とワクチン開発だけではない。一人ひとりの行動が温暖化の進行を防ぎ、感染症の蔓延を抑える手立てになる。感染症対策と温暖化対策をセットで呼びかけるべきだ。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報