TOP > 無季言 ∨ 

アメリカの若者の死因

2022年05月25日 (水)

◆アメリカの20歳未満の死因において、初めて交通事故関連を抜いて銃器関連が第1位となったことが、ミシガン大学の研究チームによって発表された。同研究チームが米国疾病予防管理センター(CDC)などの資料を分析した結果、殺人や自殺などに用いられた銃による若者の死亡は、2020年に前年比約3割増の約4300件となり、交通関連死の約3900件を上回ったという
◆車社会で、かつ銃社会である米国を考えればどちらがトップでもおかしくない。両方に対しては、どのようなワクチンでも予防できず、いかなる薬でも治せないので、米国では対応に苦慮しているだろう
◆ところが、3番目の死因は薬物関連の約1700件で、前年比約8割増だというから驚く。厚生労働省の人口動態統計によると、日本における20年の若者の死因は、悪性新生物、不慮の事故、自殺が上位を占めている
◆銃による死亡数増加は日本では考えられないので論外だが、日本の若者が交通事故など不慮の事故や自殺で死亡することは防げるはずだ。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報