TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【広島県/広島県薬】薬局が未病対策に関与‐実証試験で介入効果検証

2022年06月03日 (金)

 広島県と広島県薬剤師会は、県内企業の従業員の健康診断結果に基づき、薬剤師が健康相談などで介入して生活習慣病の改善効果を検証する実証試験を開始し、健康サポート薬局が県の未病対策で機能する体制作りに乗り出した。薬剤師介入群とアプリ利用群で効果を比較し、来年度にも結果を公表する予定だ。良好な結果が得られれば社会実装する計画で、県薬は「健康寿命延伸に貢献できる薬剤師を全ての健康サポート薬局で育てたい」としている。

 広島県の健康寿命は、2016年のデータで男性が全国27位、女性が46位と低位にとどまる。健康寿命と要支援・要介護1の割合には関連性があり、若年期から適切な生活習慣の定着が必要となるが、これまで若年層に具体的な介入は行われていなかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報