TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

少量投与で早期対応可能‐VLPTジャパン・赤畑氏、コロナワクチン開発に意欲

2022年06月09日 (木)

 VLPセラピューティクスジャパン代表職務執行者の赤畑渉氏は、ウェブ上で開かれた日本薬剤学会年会で講演し、研究開発中の自己増殖RNA(レプリコン)技術を用いた新型コロナウイルスワクチンについて、「動物実験では、既存のmRNAワクチンに比べて100分の1の量で同程度の中和抗体を誘導できる」と利点を語った。投与量が少量で済むため、パンデミック発生時に短期間で多人数のワクチンを製造できる可能性があるという。

 レプリコン技術は、ウイルスの自己複製能力を利用して体内で目的のmRNAを大量に生成させるもの。自己増殖するため、既存のmRNAワクチンに比べて投与量は少なく済む。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報