TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大木ヘルスケアHD】コロナ需要変化で大幅減益‐松井社長「危機的な状況」

2022年06月21日 (火)

松井氏

松井氏

 大木ヘルスケアホールディングスの2022年3月期決算は、売上高が前期比2.7%増の2782億円と増収を確保したものの、利益面は営業利益が78.6%減の6億円、経常利益が60.8%減の16億円、当期純利益は64.6%減の9億7200万円の大幅減益となった。減益の要因について、松井秀正社長は「コロナ関連商品の需要の変化によるもの」と説明。「当期純利益が10億を割ったというのは危機的な状況」と危機感を示した。

 大木単体の商品別売上高を見ると、日用品・軽衣料が18.6%減の159億円、マスクを含む衛生医療・介護・オーラル用品は14.3%減の403億円となった。特にマスクについて、松井氏は「コロナ以前と直後、現在で売れていた商品が変わっている」との認識を示し、「当社商品ということもあって、管理をしている商品群の売上が落ちている。新規の商品でカバーしてはいるが、収益が追いついていない」と説明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報