キイトルーダ”を含む記事一覧

2019年11月18日 (月)

 中央社会保険医療協議会は13日の総会で、MSDの抗PD-1抗体「キイトルーダ点滴静注」(一般名:ペムブロリズマブ遺伝子組み換え)について、特例拡大再算定を適用することを了承した。現在の薬価から17.5%引き下げる。

続きを読む »


2019年11月18日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
かかりつけ薬剤師 地域加算低調:P2 「補助犬法」認知度 7割知らず:P3 主要医薬品卸の3月期中間決算:P7 企画〈大阪・神農祭〉:P8

続きを読む »


2019年10月18日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
コレクチムなど審議へ 医薬品第1:P2 企画〈西日本セルフメディケーションフェア〉:P4~10

続きを読む »


2019年10月04日 (金)

【塩野義製薬】エムスリーと塩野義製薬による疾患課題解決を目的とした合弁会社「ストリーム・アイ株式会社」の設立について
【MSD】抗PD-1抗体/抗悪性腫瘍剤「キイトルーダ(R)」治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対する効能・効果を承認申請
【東和薬品】自主回収(クラスI)のお知らせ H2受容体拮抗剤ラニチジン錠75mg/150mg「トーワ」

続きを読む »


2019年10月01日 (火)

【エーザイ】進行性子宮内膜がんに対する「レンビマ(R)」(レンバチニブ)と「キイトルーダ(R)」(ペムブロリズマブ)との併用療法の最終解析結果を欧州臨床腫瘍学会年次総会において発表
【小野薬品工業】オプジーボ(一般名:ニボルマブ)が、食道がん患者を対象とした第III相ATTRACTION-3試験において、化学療法と比較して、統計学的に有意な全生存期間のベネフィットを示した結果を2019年ESMOで発表
【ロート製薬】ロート製薬が「READYFOR SDGs」に参画し、「ヘルスケア領域における新しい挑戦」を行うプロジェクトを募集開始。 ‐採択プロジェクトには目標金額の50%を上限にマッチングを実施‐

続きを読む »


2019年09月20日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
ロタワクチン定期化了承:P2 デジタル治療 製薬各社挑戦:P3 OTC類似薬保険外に 日登協会長:P6 AD治療薬開発中止 エーザイ:P7

続きを読む »


2019年09月18日 (水)

【サンスターグループ】2019日本パッケージングコンテストにてサンスター通信販売の輸送箱が「包装アイデア賞」を受賞 ~宅配品質の向上と資材コスト削減を両立~
【中外製薬】テセントリクと化学療法の併用療法、欧州委員会が進展型小細胞肺がんに対する一次治療として承認
【MSD】PD-L1陰性の進行NSCLCの初回治療におけるプール解析で、KEYTRUDAR(ペムブロリズマブ)と化学療法との併用療法が化学療法単独と比較して全生存期間を延長したことが引き続き示される

続きを読む »


2019年09月10日 (火)

【MSD】抗PD-1抗体/抗悪性腫瘍剤「キイトルーダ(R)」切除不能進行・再発食道がんに対する効能・効果を承認申請
【サノフィ】執行役員人事に関するお知らせ
【わかもと製薬】緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303」の開発中止に関するお知らせ

続きを読む »


2019年08月26日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
ゼルヤンツなど添付文書改訂:P2 国際複素環化学会議を京都市で開催:P3 注射薬子会社を売却へ 共和薬品工業:P7 企画〈和漢医薬学会〉:P4~5

続きを読む »


2019年08月07日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
1件の一変了承 第二部会:P2 ゲノム編集の胚利用で議論:P3 世界展開、日本主導で 協和キリン:P6 TGCT薬を米国上市 第一三共:P7

続きを読む »


2019年07月23日 (火)

【エーザイ】「レンビマ(R)」(レンバチニブ)と「キイトルーダ(R)」(ペムブロリズマブ)との併用療法について局所治療に適さない切除不能な進行性肝細胞がんの一次治療として米国FDAよりブレイクスルーセラピーに指定
【バスクリン】お風呂で叶える運動パフォーマンス向上! 運動能力に及ぼす入浴の効果~NSCAジャパン S&Cカンファレンス2018にて発表~
【ヤクルト本社】「ヤクルト中央研究所でおなか研究員になろう」参加者募集

続きを読む »


2019年07月12日 (金)

 厚生労働省は9日、小野薬品の「ニボルマブ(遺伝子組み換え)」(販売名:オプジーボ点滴静注)とMSDの「ペムブロリズマブ(遺伝子組み換え)」(キイトルーダ点滴静注)の抗癌剤2品目について、小腸炎による死亡例が見られた

続きを読む »


2019年06月24日 (月)

薬物動態と免疫原性を検討  免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブ(製品名:オプジーボ)、ペムブロリズマブ(製品名:キイトルーダ)の薬物動態と抗体産生が誘導される免疫原性の関係について長期に観察した結果、薬剤投

続きを読む »


2019年05月20日 (月)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は30日、中外製薬の先駆け審査指定品目である抗癌剤「ロズリートレクカプセル」(一般名:エヌトレクチニブ)など5件の製造販売承認について審議する。審議予定品目は次の通り。 (さら

続きを読む »


2019年05月14日 (火)

 小野薬品の相良暁社長は9日、大阪市内で開いた決算説明会で抗癌剤「オプジーボ」について2019年度は「非小細胞肺癌など4種類の癌を対象に1次治療薬としての承認申請を行う予定」と計画を語った。特に肺癌領域では、

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報