日本癌学会”を含む記事一覧

2007年10月12日 (金)

"関連検索: 癌免疫療法 日本癌学会 レギュラトリーT細胞は自己反応性T細胞を抑制することから、その活性を抑えることで抗腫瘍活性を高めることができないかと研究が進められてきた。その一つがケモカイン受容体の一つであるCCR

続きを読む »


2007年10月12日 (金)

" 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文はYAKUNETでご覧いただけます。1面 初の学術集会を大阪で開催"透析患者のQOL改善に寄与 日本腎と薬剤研究会 薬事功労、90人を表彰へ"山本、鍋島

続きを読む »


2006年10月11日 (水)

 「Medical Academy NEWS」最新号の記事見出を掲載しています。記事全文はYAKUNETでご覧いただけます。まずはYAKUNET無料おためしをご利用ください。学会速報第三世代のウイルス療法が臨床入りへ"

続きを読む »


2006年10月11日 (水)

 「薬事日報」最新号の記事見出を掲載しています。記事全文はYAKUNETでご覧いただけます。まずはYAKUNET無料おためしをご利用ください。行政児玉、全田、熊倉氏ら薬事功労者93人を表彰へ厚生労働省05年の結核発生動向

続きを読む »


2006年10月06日 (金)

 「薬事日報」最新号の記事見出を掲載しています。記事全文はYAKUNETでご覧いただけます。まずはYAKUNET無料おためしをご利用ください。行政アジアの治験に参画を"治験問題検討委が中間報告医薬品医療機器総合機構蛋白

続きを読む »


2006年10月05日 (木)

 早期肝細胞癌のマーカーとして、Heat Shock Protein 70 (HSP70 )とCyclase-associated Protein 2(CAP2)が有望なことが、第65回日本癌学会で坂元亨宇氏(慶應大学病

続きを読む »


2006年10月05日 (木)

 単純ヘルペスウイルス(HSV-1)を用いた第3世代の「ウイルス療法」の有用性が、第65回日本癌学会で報告された。HSV-1はウイルスゲノムが大きいことから、複数の外来遺伝子の挿入も可能で、報告した藤堂具紀氏(東京大学脳

続きを読む »


2006年09月01日 (金)

 オリンパスは1日から、マウスなど小動物での疾患の進行や治療反応などにおける分子活動を観察し、定量化できる米ビゼン社の「蛍光分子トモグラフィー装置」(FMT装置=写真)と「in vivo近赤外蛍光試薬」の販売を始めた。 

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報