HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ジェノタイプ1型C肝、1日1回1錠配合錠が登場‐3日付承認の新医薬品

2015年7月8日 (水)

 厚生労働省が3日に承認した新医薬品では、ジェノタイプ1型のC型肝炎患者に対して、1日1回1錠の治療を実現した「ハーボニー配合錠」や、根治不能の悪性黒色腫を適応とした免疫チェックポイント阻害剤の抗CTLA-4抗体「ヤーボイ点滴静注液」、週1回投与のGLP-1阻害薬「トルリシティ皮下注」などが登場した。

ハーボニー配合錠‐ギリアド・サイエンシズ

 「ハーボニー配合錠」(一般名:レジパスビル・ソホスブビル配合剤)は、1日1回1錠の経口投与によるジェノタイプ1型C型慢性肝炎治療薬。NS5A阻害薬のレジパスビルと核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害薬を配合し、インターフェロンや抗ウイルス薬「リバビリン」なしでの治療を可能とした。ジェノタイプ1型C型肝炎患者を対象とした国内第III相試験では100%の持続的ウイルス学的著効(SVR12)を達成している。既にインターフェロンフリーのジェノタイプ2型C型肝炎に対しては、「ソバルディ錠」を発売している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録