HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大医科研】培養細胞ワクチンが前進‐高増殖能のインフルウイルスを作出

2015年9月10日 (木)

 東京大学医科学研究所ウイルス感染分野の河岡教授らは、培養細胞で高い増殖能を有するウイルスの作出に成功した。培養細胞での増殖性の悪さが培養細胞ワクチン製造の大きな壁になっていたが、今回の成果は、その壁を乗り越え、高い生産効率の培養細胞ワクチン作製に向け大きく前進させるものといえる。

 季節性インフルエンザワクチンは受精卵を用いてインフルエンザウイルスを増殖させて製造しているが、この方法では、主要な抗原であるヘマグルチニン(HA)に変異が入るため、実際の流行株と抗原性が異なることとなり、ワクチンの有効性が低下することが知られている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録