HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】20年度売上5000億円目標‐新中計を発表

2015年12月4日 (金)

海外売上比率は40%計画

三津家社長

三津家社長

 田辺三菱製薬は11月30日、2020年度を最終年度とする「新中期経営計画16-20 Open Up the Future―医療の未来を切り拓く」を発表した。三津家正之社長は大阪市内で記者会見し、新中計期間の位置づけについて「20年以降の成長のため、米国で基盤を作り、国内では重点品目の売上比率を上昇して、スリム化を図る時期にある」と指摘した。20年度の数値目標として、売上高5000億円、コア営業利益1000億円、当期純利益700億円、研究開発費800億円、海外売上比率40%を計画する。

 新中期経営計画は、「パイプライン価値最大化」「育薬・営業強化」「米国事業展開」「業務生産性改革」の四つの挑戦を掲げる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録