HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】平均乖離率は約8.8%‐薬価調査の速報結果報告

2015年12月7日 (月)

 厚生労働省は4日、現行薬価と市場取引価格の開きを示す平均乖離率が、9月取引分で約8.8%だったとする薬価本調査結果の速報値を、中央社会保険医療協議会総会に報告した。前回調査に比べて薬価の開きは0.6ポイント拡大した。流通安定のための調整幅を2%とすると、市場実勢価に基づく薬価引き下げ率は約6.8%となる。直近の薬剤費は医療費ベースで約9兆円と見られており、これに当てはめると約6000億円の削減効果がある。(表参照

 今回の薬価調査で報告されたのは、9月取引分について、販売サイドから10月27日までに報告があったものの集計結果。市場規模の大きい主な薬効群別の乖離率を取引金額上位で見ると、内用薬では「血圧降下剤」が11.4%、「糖尿病用剤」が10.3%、「高脂血症用剤」が12.0%、「その他アレルギー用薬」が12.3%と大きく、内用薬全体では9.4%となった。最も大きい乖離率となったのは「消化性潰瘍用剤」で13.3%だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録