HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【2016年年頭所感】専門職団体として医療へ貢献‐日病薬会長

2016年1月8日 (金)

日本病院薬剤師会会長 北田光一

北田光一氏

 人口構造、疾病構造が大きく変化し、医療ニーズが多様化する中で、地域において高度急性期から在宅医療まで切れ目なく、患者の状態に応じた効果的かつ効率的で適切な医療を提供する体制の整備と強化が進められております。地域の実情に即した病床の機能分化と連携強化、在宅医療・介護サービスの充実と連携システムの構築等であります。

 そのような中で、私たち薬剤師には、医薬品の適正使用・的確な薬学的管理の実践に基づいた個々の患者に対する最適な薬物治療の提供と医療の安全確保への貢献が基本的な使命として期待されています。

 チーム医療への積極的な参画を通じて、薬剤管理指導業務に関わる業務と病棟薬剤業務実施加算に関わる業務を含む病棟業務の定着と充実に加えて、手術室(術前、術中、術後を含めた薬学的管理)や集中治療室等の中央診療部門や外来等での薬学的管理業務の展開を図り、目に見える形で医療の質向上と安全確保への貢献を示すことが重要です。各施設の実情に合わせた「院内の薬あるところ」での、さらなる積極的な取り組みをお願いいたします。

 また、社会的な視点と多職種の連携によるチーム医療の中で、薬の専門職として求められるレベルは医薬学の進歩に伴い高くなっていきます。より専門性の高い薬剤師の果たすべき役割も増大しており、責任を持って行動できる特定の専門領域を持ち、その専門領域の薬物療法に関して主体的な役割を果たすことができる知識・経験が求められるようになっております。薬剤師としての資質・力量向上のための不断の努力、専門性を鍛える努力をしていきます。

 日本病院薬剤師会としては、引き続いて、患者第一の視点で臨床上のアウトカムを意識した「病棟業務の充実とチーム医療の推進」「医療安全の確保」を介した医療への貢献、それを支える「薬の専門職としての資質の向上」等を重要課題として、薬に関する専門職の団体としての自覚と使命感を持って活動していきます。

 患者の顔が見える薬剤師、信頼される薬剤師を目指して、薬に関することについては責任を持って関わり、医療への明確な貢献を示せるよう頑張ります。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録