HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【家庭薬メーカー・卸合同新年会】薬業界一丸となり成長目指す

2016年1月14日 (木)

柴田氏

柴田氏

 全国家庭薬メーカー・卸合同新年互礼会が6日に都内のホテルで開催され、主催者あいさつで日本家庭薬協会(日家協)の柴田仁会長は、薬業界が要望していたセルフメディケーション推進税制が昨年末、平成28年度税制改正大綱の中に盛り込まれたことに触れ、「租税特別措置法に基づく新税制の創設は数十年ぶりのことで、改めて関係各位の努力に深甚なる敬意を表したい」とすると共に、「残念ながら今回は控除対象がスイッチOTC薬だけとなったが、セルフメディケーション推進には伝統薬・家庭薬など幅広い一般用医薬品の適切な使用が不可欠だ。これを第一歩として、制度充実に向けたさらなる取り組みに、日家協としても努力していきたい」と抱負を述べた。

 一般用医薬品全体の市場動向(昨年4~9月)は、調査会社によるデータでは前年比106%で、滋養強壮剤やビタミン剤、漢方薬などいくつかのカテゴリーでは110%を超えたものもあるという。柴田会長は「インバウンドの爆買いが少なからず寄与していることを考えると、数字だけでは長期低迷が挽回したかは明確には言えないと思う」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録