HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】改定薬価基準を告示‐「ソバルディ」31.7%引下げ

2016年3月7日 (月)

基礎薬439品目が薬価維持

 厚生労働省は4日、全面改定した薬価基準を官報に告示した。4月1日から実施する。薬価ベースで平均5.57%(医療費ベースで1.22%)引き下げられるほか、通常の市場拡大再算定でも0.9%(同0.19%)引き下げられる。さらに、年間売上が大きい品目に適用される特例拡大再算定が直撃。C型肝炎治療薬の「ソバルディ」と「ハーボニー」は31.7%もの引き下げを受けた。後発品への置き換えが進まない先発品も1057品目が特例引き下げを受け、業界に大きな影響を与える厳しい改定となった。一方、今回は初めて基礎的医薬品の薬価維持が行われ、計439品目が対象となった。

表:薬価基準改定の概要

 薬価基準が改定されるのは合計1万5925品目。そのうち、不採算品目を理由に111品目が現行薬価から引き上げられる。

 今回の薬価改定では、通常の市場拡大再算定と別枠で、年間販売額が大きい品目の薬価を引き下げる特例拡大再算定を導入する大きなルール変更が行われた。対象となったのは、サノフィの抗血小板薬「プラビックス」、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ソバルディ」と配合剤の「ハーボニー」、中外製薬の抗癌剤「アバスチン」の4成分6品目。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録