HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がんセ/東大/第一三共】血液癌の新薬を共同開発‐ATL対象にI相試験開始

2016年3月31日 (木)

 国立がん研究センター、東京大学、第一三共は、血液癌の新規分子標的薬として、ヒストンメチル化酵素の二重阻害剤を共同開発し、悪性リンパ腫患者に対する第I相試験を開始したと発表した。世界で初めて人に投与するファースト・イン・ヒューマン試験として行われる。

 悪性リンパ腫の根治を目指すためには、癌幹細胞を根絶することが重要と考えられている。同センター造血器腫瘍研究分野の北林一生分野長の研究グループは、癌幹細胞の維持に必要な酵素としてEZH1、EZH2を発見。これらを二重に阻害することで、癌幹細胞を根絶し、再発抑制する研究成果を得た。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録