HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【流改懇】新バーコード必須化、原則20年度末まで‐8月メドに2課長通知改正

2016年4月20日 (水)

 厚生労働省の「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会(流改懇)」は15日、現在、任意表示となっている「元梱包装単位」「販売包装単位」の新バーコード表示を原則2020年度末までに必須化し、メーカー側の事情で例外的に延長する場合でも、22年度末までに必須化することを決めた。今後は、6月までパブリック・コメントを募集し、8月をメドに医政局経済課と医薬・生活衛生局安全対策課の2課長通知を改正する。

 現在、任意となっている新バーコード表示の対応状況は15年9月時点で、元梱包装単位の有効期限が内服薬70.5%、注射薬63.3%、外用薬58.3%となっており、販売包装単位の有効期限は、内用薬が14.2%、注射薬が30.7%、外用薬が3.5%と低水準にとどまっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録