HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療機能評価機構】抗凝固剤などの再開忘れ、薬剤師は医師に情報提供を

2016年5月19日 (木)

 日本医療機能評価機構は、出血を伴う医療行為のため中止していた抗凝固剤または抗血小板剤の再開を忘れたことから患者に影響があった事例を15日付の「医療安全情報」で報告し、関係者に注意喚起した。

 出血を伴う医療行為のため、中止していた抗凝固剤または抗血小板剤の再開を忘れた事例は4件。具体的には、手術のため医師は患者が服用している抗凝固剤のワーファリン錠を中止。術後出血のリスクを考え、抗凝固剤の再開を遅らせる予定だったが、そのまま再開していなかった。術後17日目に、医師が患者に声をかけると反応がなかったため、頭部CT検査を行ったところ脳梗塞を認めたというもの。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録