HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

代行回答で負担軽減‐広島県の2病院が報告

2016年11月14日 (月)

 薬局薬剤師からの疑義照会の一部に対して、病院薬剤師が医師に代わって回答する仕組みを導入する病院が全国に広がっている。このほど岡山市で開かれた日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会でも広島県の2病院がその実践結果を紹介。医師の負担軽減や患者の待ち時間短縮、薬局薬剤師の業務効率化などに役立っていると報告した。

 JR広島病院は今年4月から、院内で策定したプロトコルに基づいて疑義照会に病院薬剤師が代行回答する運用を開始した。

 それまでは医師が直接疑義照会に対応し負担が大きかったため、薬局薬剤師の疑義照会先を薬剤部に変更した。プロトコルで取り決めた疑義照会項目については既に医師の同意を得ているとし、病院薬剤師が代行で回答。項目外の内容については医師に問い合わせた上で薬局に回答している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録