抗菌剤「クラビット」、高用量製剤を新発売 第一三共

2009年7月15日 (水)

yakuji_photo
「クラビット」の高用量製剤

 第一三共は7日、広範囲経口抗菌剤「クラビット錠500mg、同250mg、細粒10%」(一般名:レボフロキサシン水和物)を新発売した。 クラビット500mg1日1回投与法は、PK‐PD理論に基づき開発された。従来の100mg1日3回投与法と比べ、最高血中濃度を上げることにより、殺菌作用が増強されると共に、耐性菌の出現を抑制することが期待される。既に海外では、120以上の国・地域で承認されており、世界の標準的用法・用量となっている。

 薬価は、500mg錠が1錠547・20円、250mg錠が1錠304・50円、細粒10%が138・20円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録