HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】新研究所を神奈川に開設‐創薬研究機能を統合・再編

2006年10月27日 (金)

 武田薬品は、大阪市および茨城県つくば市に保有する研究機能を統合し、神奈川県藤沢市に「新研究所」を開設することになった。新研究所の開設は、新薬の研究開発加速を目的としたもので、2010年度の稼動を目標にしている。新研究所の開設場所については、同社湘南工場跡地の藤沢市か大阪府茨木市の「彩都」が候補に挙げられていたが、藤沢市に決着した。

 今春、武田薬品は5カ年経営計画である「06‐10中期計画」を策定し、「日本発の世界的製薬企業」の創生に向け、「常に誠実に企業活動に取り組む」という“タケダイズム”を事業の根幹に据え、重要な経営課題に取り組んできた。その基本方針の中でも、「自社研究開発における新薬創出力の回復」は、グローバルな事業展開によって着実に成長していく上で最も重要な経営課題となっている。そのため、研究開発マネジメントを見直すと共に、グローバルな研究基盤整備などに経営資源を投下し、11年度以降、自社研究開発からの新製品を継続的に発売できる体制の確立が急務となっていた。

 同社では、これを促進するため、現在、大阪市十三地区とつくば市に分散している創薬研究機能を藤沢市に統合・再編成することで、国内研究拠点の一元化を図ることにした。今後は、社内外・国内外の研究機関や研究者にとって魅力ある、活力に溢れた、ダイナミックな研究体制を構築し、世界トップレベルの創薬研究を目指す。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録