HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】統合シナジーの最大化へ順調な足どり

2006年11月10日 (金)

会見する宮武社長
会見する宮武社長

 大日本住友製薬の宮武健次郎社長は、07年3月期決算説明会で、昨年10月1日にスタートした合併新社の融合が順調に進み、中間決算の業績も当初予定を上回ったことを強調した。また、5500人(10月1日現在)の従業員を08年3月までに5200人まで削減することを改めて示した。

 同社では、合併2年目に入る今年10月に人事制度や労働組合の一本化を実現。本年度内に、生産・販売、物流の情報システム、物流センターなどの統合を完了する見込みだ。宮武社長は「これまで営業、コスト、意識の三つのシナジー効果を訴えてきた。研究開発は特に、両社の発想や技法が異なるため意識シナジーを期待していたが、新社になって初の期待の化合物候補が同定され臨床試験も間近いと聞き喜んでいる」と現況を語った。

 今後の海外展開については「相当の覚悟と周到な準備が必要」とした上で「6月に海外事業推進室を新設した。米国のコンサルタントと契約を交わして市場調査も進めており、わが社の海外戦略の立案に尽力している」と報告した。

 中期経営計画作成にも言及し「若手有望社員10名の兼務で構成した中期計画推進室を新たに開設して、同室と経営会議のメンバーが休日を返上して熱心な討議を繰り広げている。このプロジェクトは、10年先を社員自らが考えることをコンセプトにしたもので、夢と希望と元気を与える中期経営計画が完成するものと期待している」と述べた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録