腸内環境整え排便促す「ビフィーナ便秘薬」を発売 森下仁丹

2009年09月07日 (月)

 森下仁丹は、ビフィズス菌を配合し、腸内環境を整えながら、便をスムーズに排出する「ビフィーナ便秘薬」を17日に新発売する。

 腸内環境の改善に、ビフィズス菌が高い効果を発揮することを生かして開発した便秘薬で、ビフィズス菌(ロンガム菌)に加え、腸を刺激して排便を促すセンノシドカルシウムを含有している。また、センノシドカルシウムを活性化させるために、ビフィズス菌の一種のブレーベ菌も配合されている。

 有効成分を直接腸に届けるため、独自開発した耐酸性のダブルプロテクトカプセルが採用されており、自然に近い排便が促される。

 女性の約4割が便秘に悩んでいるといわれているが、ターゲットは、その中でも便秘薬をよく使う人で、出すだけでなく、ビフィズス菌を補うことの大切さを啓発しながら、販促活動を行う予定。税込み価格は、2カプセル×18包入り1575円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報