HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

20歳以上男性の1割が過敏性腸症候群‐6割強が疾患認識「なし」

2009年10月14日 (水)

 20~79歳男性の1割近くが、過敏性腸症候群(IBS)との結果が、アステラス製薬が行った2万人の実態調査で明らかになった。今年1月に、男性を対象にインターネット調査されたもので、IBSを対象とした2万人規模の大規模調査は、日本で初めて。

 それによると、下痢型および下痢を主訴とするIBSの有病率は8・9%に上った。年代別では、60代以上が5・3%、50代が7・8%と低いのに対し、20代は11・2%、30代は10・0%、40代は10・4%と、若年者に多い傾向が見られた。また、IBS該当者の63・5%が「病気ではないと思う」と回答。病気だと認識していないケースが多いことも分かった。

 それを反映してか、74%は医療機関を受信しておらず、他の疾患で医療機関を受診しても、腹部症状を医師に相談できなかった人が54・7%と半数を超えた。相談しなかった理由では、「専門が違うと思ったから」が42・9%で最も多く、「自分の症状は病気ではないと思うから」も31・4%に上った。

 下痢症状発現時の対処法では、「食べ物や飲み物に気をつける」が53%でトップ。次いで、「トイレを見つけたらすぐに行く」(37%)、「市販薬をのむ」(36%)、などが続いた。また、「市販薬をのんでもよくならないことがあるか」では、「たまにある」が57%、「頻繁にある」が7%という結果だった。

 また、医師316人を対象にした調査では、IBSの診療で困っていること(内科)としては、診断では「患者の訴えが多く、診療に時間がかかる」が約6割でトップ。治療については「使いやすい治療のガイドラインがない」「IBSに対する効果的な治療薬がない」といった回答が多かった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報