HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【栄研化学】新型インフル検出キットを投入‐LAMP法用い最短45分で検出

2009年10月29日 (木)

寺本社長

寺本社長

 栄研化学は来月から、新型インフルエンザウイルスを特異的に増幅する「LAMPプライマーセット」など4新製品を投入し、売上拡大を目指す。11月末には、新型インフルエンザウイルスの検出用キットを、体外診断用医薬品として申請する予定だ。27日に開いた中間決算説明会で寺本哲也社長は、「従来のPCR法に比べて検査手順が簡単で、最短で45分程度で検出できる」と強調。診断薬として早期の市場投入を目指したいと述べた。

 これまで新型インフルエンザの確定診断として、重症患者などを対象にPCR法を用いた遺伝子検査が行われてきた。こうした中、同社が新発売する「LAMPプライマーセット」など4製品は、独自技術のLAMP法を用いた遺伝子増幅によって、新型インフルエンザウイルスとA型インフルエンザウイルスの検出に役立てるというものだ。さらに現在、体外診断用医薬品として、新型インフルエンザウイルス検出用キットを開発中で、寺本氏は「11月末には承認申請を行いたい」とした。

 LAMPプライマーセットを用いた新型インフルエンザウイルスの検出は、咽頭か鼻腔の拭い液から検体を採取し、専用の抽出試薬を用いて数分でRNAを抽出できるのが特徴。得られた抽出液と乾燥剤型用のプライマーセットをRNA増幅試薬に加えることで、迅速に遺伝子を増幅できる。明らかに新型インフルエンザウイルスに感染している場合は、15分程度で判定できるという。また、RNA増幅試薬は、あらかじめ反応チューブ内に試薬を乾燥状態で保っているため、従来のPCR法に比べて試薬調整や分注作業の簡素化に成功。45分程度の検出を可能にした。

 同社は、「LAMPプライマーセット」の発売に続き、11月末には、体外診断用医薬品として承認申請を行う計画だ。09年度には、120キットの販売を予定している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報