春季カタル治療剤を発売 参天製薬

2006年2月1日 (水)

 参天製薬は1月23日、春季カタル治療剤「パピロックミニ点眼液0・1%」(一般名:シクロスポリン)を新発売した。

 同剤は、免疫抑制剤のシクロスポリンを水性点眼剤化したもの。アレルギーなどの免疫反応に関わるT細胞からのサイトカイン産生を抑制する。

 既存の抗アレルギー剤では十分な症状改善がみられない患者の治療に貢献するほか、ステロイド点眼剤の減量・回避、眼瞼結膜乳頭切除など外科的措置が不要になる例が想定され、患者のQOL改善につながるとしている。

 同剤は、オーファンドラッグに指定されており、一定数のデータが集積されるまでは、全症例を対象とした使用成績調査の実施が義務づけられている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録